この記事を読んだ人におすすめの記事×

SOLAKZADE

原宿にある青文字系ショップ“SOLAKZADE”をご紹介します

原宿にある青文字系ショップ“SOLAKZADE”をご紹介します

目次

SOLAKZADE

SOLAKZADE(ソラックザーデ)は岡本龍允と竜の兄弟2人で2007年に大阪でスタート。
ヴィンテージアイウェアの専門店として日本初、唯一無二の存在です。
大阪時代はオフィス兼予約制ショールームでしたが2012年7月、拠点を大阪から東京に完全に移し、旗艦店を原宿表参道沿いゴローズビルの地下にオープン。

在庫数は約15,000本(2013年7月現在)。すべてデッドストック未使用品。
時代ごとのシェイプやディテール、素材の特徴、政治・経済・音楽などの時代背景などを含めて、興奮できるフレーム、レンズのご紹介を得意とします。

レンズは積極的にガラスレンズをご紹介している眼鏡店として日本で唯一です。
視力測定やレンズの加工技術、累進レンズなどに関する知識・技能も日々、研鑽しております。
レストアやリペア、カスタム、ときにはフルオーダーメイドも可能な体制をとっております。
CASTELBAJAC (カステルバジャック)
場所:青山通り渋谷方面沿い 青いガラス張りのAoビル 4F
HP:http://www.castelbajac.jp/news/

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      タレント年鑑新着

      タレント年鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング